デュタステリドで脱毛原因を抑制

男性にとって薄毛は深刻な問題なので、何とかしたいと思っている方は多いですが、暴飲暴食や喫煙、睡眠不足などを改めたとしても、なかなか効果があらわれないことがあります。
早く昔のような豊かな髪の毛を取り戻したいときはAGA治療薬を使うのが一番なので、悩んでいる方があれば、デュタステリドを使ってみるようにしましょう。
飲むタイプのAGA治療薬として有名なものにプロペシアがありますが、デュタステリドはそれ以上の効果を期待できる、アボダートという薬のジェネリック医薬品になので、どの薬を使うか悩んでいる方におすすめです。

デュタステリドがAGA治療薬として優れている理由は、脱毛原因を抑制できることです。
5αリダクターゼという酵素が脱毛を引き起こすのですが、これにはⅠ型とⅡ型があります。
デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を抑制する働きがあるので、抜け毛を減らして、薄毛を改善する効果が期待できるのです。

デュタステリドは1日1錠を飲むことが基本なので、忘れずに飲むことが大切です。
ただしこの薬は男性のためのAGA治療薬であり、女性には効果がないので使ってはいけません。
特に妊婦さんや妊娠の可能性のある方は、胎児に影響が出る恐れがあるので、錠剤に触れることすらしないようにしましょう。

AGA治療薬の中でも、効果が高いことで知られるアボダートは価格が高いため、途中で続けられなくなる方もありましたが、アボダートのジェネリック薬品である、デュタステリドなら、効果は同じでコストは抑えられるので、長期での使用にも向いています。
アボダートとデュタステリドは成分自体は同じものなので、少しでも安くAD治療薬を使いたいなら、安価な方を選んだ方が良いでしょう。