フィナステリドでダメならデュタステリドを試そう

世の男性の多くは年を重ねるにつれて、抜け毛による薄毛という悩みを持ちます。その時に父親を見て、抜け毛が増えてきてしまったのは遺伝なんだから仕方のない事だ。もう抜けてしまったのはしょうがないからかつらを使うしかないといった具合に、諦めてしまう方が多いような気がします。
男性の薄毛や抜け毛には病気が原因であることがあり、男性型脱毛症(AGA)が原因となっていることが多くに認められます。そしてこの病気は毎日薬を内服する事によって防止する事が出来るのです。
脱毛の原因AGAとは、標的細胞である毛根の細胞に体内の男性ホルモンが到達したとき、まず細胞内で5α還元酵素という成分によって、それよりも活性が強いジヒドロテストステロンへと変化させられます。このジヒドロテストステロンが毛根の細胞に作用して、毛髪のヘアサイクルが早くなり脱毛スピードが速くなるのです。
ヘアサイクルが早くなってしまった状況を止めるためには、活性のより強いジヒドロテストステロンをブロックすることができればよく、フィナステリドやデュタステリドといった5α還元酵素阻害薬によって阻害することが可能です。この薬は内服の副作用として、使用報告によれば肝機能異常や性欲減退、勃起障害といったことがありますが、それぞれ数%程度であり、安全性はしっかりと認められた内服薬と言えます。
ではここで、フィナステリドとデュタステリドの違いは何かというと、フィナステリドは5α還元酵素の1型のみを阻害するのに対して、デュタステリドは1型と2型のどちらも阻害します。そのため、デュタステリドの方がより阻害効果は強いようです。
フィナステリドでダメならデュタステリドを試してみましょう。