女性の悩み、びまん性脱毛症とは

髪の脱毛は男性に多いと一般的に言われていますが、女性でも年齢とともにびまん性脱毛症という症状が見られるようになります。
原因は、細胞の老化や動脈硬化による循環不全などにより毛包が消えてしまうことや、精神的なストレス、食事をしないなど間違ったダイエットなどとされています。
女性の場合、男性型脱毛症と異なって頭皮全体の広い範囲で毛が抜けてくるので、全体の毛が薄くなります。
特に頭頂部の皮膚が透けて見えるようになります。
年齢的には、閉経をむかえる中年以降で男性型脱毛症と同じように休止期毛の割合が多くなって、その結果、抜け毛が増えていきびまん性脱毛症となっていきます。
治療法としては、デュタステリドという成分が入った治療薬を服用することにより、びまん性脱毛症をおさえることができます。
もともとデュタステリドは、前立腺そのものを小さくすることにより尿の出を改善させる効果がある前立腺肥大症に関する治療薬です。
デュタステリドには、脱毛症状の最大の原因である5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型を抑制する効果があります。
5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型とは、Ⅰ型の場合、皮脂腺に多く存在していて、にきびが出来やすい脂性の人に多いです。
Ⅱ型の場合だと、毛乳頭に多く存在していて体毛や髭が濃い人に多いです。
そして、デュタステリドの成分を配合している内服薬は2種類あり、アボダートとデュタスです。
価格ですが、デュタスはアボダートのジェネリックなので、デュタスのほうが安く長期的に使用する場合、負担が少なくて済むという利点があります。
デュタステリドは、生え際と側頭部に発毛効果があるので、女性のびまん性脱毛症の治療薬としてとても適しています。