脱毛治療に効果を発揮する成分達

男性の薄毛は、前頭部から頭頂部にかけての部分に集中している事が特徴です。これは、AGAと呼ばれる症状の典型的な状態で、頭髪の成長期が極端に短縮している事により進行します。男性ホルモンのテストステロンが、5α還元酵素に変換された事で作られるDHTという物質が根本原因です。

DHTは、男性性器の形成等が本来の役割ですが、頭皮の毛乳頭細胞のレセプターと結合した場合は、毛周期を狂わせてしまいます。これにより、頭髪は成長途上で抜けてしまうようになります。最終的には、毛根が機能しなくなる状態にまで進行するので、生え際が後退して頭頂部の頭髪は完全になくなってしまいます。

現在は、この症状に対して、プロペシアという治療薬が開発されており、進行を高確率で防止する事が出来ます。プロペシアは、DHTの生産に関与している生え際から頭頂部の毛根に分布しているⅡ型の5α還元酵素の阻害剤です。これにより、DHTの生産が抑制されるので、狂わされていた毛周期が正常な状態に回復します。

デュタステリドは、さらにⅠ型の5α還元酵素の活性も低下させるという成分で、プロペシア以上の効果を期待できます。韓国では、既にAGAの治療薬とした承認されており、臨床において使用されています。デュタステリドもプロペシア同様に内服薬であり、飲む育毛剤の一種です。

デュタステリドは、プロペシアよりも半減期が長いという事も特徴です。このために、体内に有効成分が長くとどまっているので、発揮される効果も大きくなります。本来は、前立腺肥大を改善するために開発されたのですが、AGAに対しての効果が確認された事により、治療薬として使用されるようになっています。