フィナステリドでダメならデュタステリドを試そう

世の男性の多くは年を重ねるにつれて、抜け毛による薄毛という悩みを持ちます。その時に父親を見て、抜け毛が増えてきてしまったのは遺伝なんだから仕方のない事だ。もう抜けてしまったのはしょうがないからかつらを使うしかないといった具合に、諦めてしまう方が多いような気がします。
男性の薄毛や抜け毛には病気が原因であることがあり、男性型脱毛症(AGA)が原因となっていることが多くに認められます。そしてこの病気は毎日薬を内服する事によって防止する事が出来るのです。
脱毛の原因AGAとは、標的細胞である毛根の細胞に体内の男性ホルモンが到達したとき、まず細胞内で5α還元酵素という成分によって、それよりも活性が強いジヒドロテストステロンへと変化させられます。このジヒドロテストステロンが毛根の細胞に作用して、毛髪のヘアサイクルが早くなり脱毛スピードが速くなるのです。
ヘアサイクルが早くなってしまった状況を止めるためには、活性のより強いジヒドロテストステロンをブロックすることができればよく、フィナステリドやデュタステリドといった5α還元酵素阻害薬によって阻害することが可能です。この薬は内服の副作用として、使用報告によれば肝機能異常や性欲減退、勃起障害といったことがありますが、それぞれ数%程度であり、安全性はしっかりと認められた内服薬と言えます。
ではここで、フィナステリドとデュタステリドの違いは何かというと、フィナステリドは5α還元酵素の1型のみを阻害するのに対して、デュタステリドは1型と2型のどちらも阻害します。そのため、デュタステリドの方がより阻害効果は強いようです。
フィナステリドでダメならデュタステリドを試してみましょう。

デュタステリドで脱毛原因を抑制

男性にとって薄毛は深刻な問題なので、何とかしたいと思っている方は多いですが、暴飲暴食や喫煙、睡眠不足などを改めたとしても、なかなか効果があらわれないことがあります。
早く昔のような豊かな髪の毛を取り戻したいときはAGA治療薬を使うのが一番なので、悩んでいる方があれば、デュタステリドを使ってみるようにしましょう。
飲むタイプのAGA治療薬として有名なものにプロペシアがありますが、デュタステリドはそれ以上の効果を期待できる、アボダートという薬のジェネリック医薬品になので、どの薬を使うか悩んでいる方におすすめです。

デュタステリドがAGA治療薬として優れている理由は、脱毛原因を抑制できることです。
5αリダクターゼという酵素が脱毛を引き起こすのですが、これにはⅠ型とⅡ型があります。
デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を抑制する働きがあるので、抜け毛を減らして、薄毛を改善する効果が期待できるのです。

デュタステリドは1日1錠を飲むことが基本なので、忘れずに飲むことが大切です。
ただしこの薬は男性のためのAGA治療薬であり、女性には効果がないので使ってはいけません。
特に妊婦さんや妊娠の可能性のある方は、胎児に影響が出る恐れがあるので、錠剤に触れることすらしないようにしましょう。

AGA治療薬の中でも、効果が高いことで知られるアボダートは価格が高いため、途中で続けられなくなる方もありましたが、アボダートのジェネリック薬品である、デュタステリドなら、効果は同じでコストは抑えられるので、長期での使用にも向いています。
アボダートとデュタステリドは成分自体は同じものなので、少しでも安くAD治療薬を使いたいなら、安価な方を選んだ方が良いでしょう。