女性の悩み、びまん性脱毛症とは

髪の脱毛は男性に多いと一般的に言われていますが、女性でも年齢とともにびまん性脱毛症という症状が見られるようになります。
原因は、細胞の老化や動脈硬化による循環不全などにより毛包が消えてしまうことや、精神的なストレス、食事をしないなど間違ったダイエットなどとされています。
女性の場合、男性型脱毛症と異なって頭皮全体の広い範囲で毛が抜けてくるので、全体の毛が薄くなります。
特に頭頂部の皮膚が透けて見えるようになります。
年齢的には、閉経をむかえる中年以降で男性型脱毛症と同じように休止期毛の割合が多くなって、その結果、抜け毛が増えていきびまん性脱毛症となっていきます。
治療法としては、デュタステリドという成分が入った治療薬を服用することにより、びまん性脱毛症をおさえることができます。
もともとデュタステリドは、前立腺そのものを小さくすることにより尿の出を改善させる効果がある前立腺肥大症に関する治療薬です。
デュタステリドには、脱毛症状の最大の原因である5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型を抑制する効果があります。
5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型とは、Ⅰ型の場合、皮脂腺に多く存在していて、にきびが出来やすい脂性の人に多いです。
Ⅱ型の場合だと、毛乳頭に多く存在していて体毛や髭が濃い人に多いです。
そして、デュタステリドの成分を配合している内服薬は2種類あり、アボダートとデュタスです。
価格ですが、デュタスはアボダートのジェネリックなので、デュタスのほうが安く長期的に使用する場合、負担が少なくて済むという利点があります。
デュタステリドは、生え際と側頭部に発毛効果があるので、女性のびまん性脱毛症の治療薬としてとても適しています。

脱毛治療に効果を発揮する成分達

男性の薄毛は、前頭部から頭頂部にかけての部分に集中している事が特徴です。これは、AGAと呼ばれる症状の典型的な状態で、頭髪の成長期が極端に短縮している事により進行します。男性ホルモンのテストステロンが、5α還元酵素に変換された事で作られるDHTという物質が根本原因です。

DHTは、男性性器の形成等が本来の役割ですが、頭皮の毛乳頭細胞のレセプターと結合した場合は、毛周期を狂わせてしまいます。これにより、頭髪は成長途上で抜けてしまうようになります。最終的には、毛根が機能しなくなる状態にまで進行するので、生え際が後退して頭頂部の頭髪は完全になくなってしまいます。

現在は、この症状に対して、プロペシアという治療薬が開発されており、進行を高確率で防止する事が出来ます。プロペシアは、DHTの生産に関与している生え際から頭頂部の毛根に分布しているⅡ型の5α還元酵素の阻害剤です。これにより、DHTの生産が抑制されるので、狂わされていた毛周期が正常な状態に回復します。

デュタステリドは、さらにⅠ型の5α還元酵素の活性も低下させるという成分で、プロペシア以上の効果を期待できます。韓国では、既にAGAの治療薬とした承認されており、臨床において使用されています。デュタステリドもプロペシア同様に内服薬であり、飲む育毛剤の一種です。

デュタステリドは、プロペシアよりも半減期が長いという事も特徴です。このために、体内に有効成分が長くとどまっているので、発揮される効果も大きくなります。本来は、前立腺肥大を改善するために開発されたのですが、AGAに対しての効果が確認された事により、治療薬として使用されるようになっています。